エロ動画に出てくる男優の如きテクニックをあなたに!

ズリ専エロテク大全集 | TECHNIC

Bookmark and Share

 

愛撫

愛撫の仕方・愛され方で膣の中の収縮率が違う!!

女性への愛撫が気持ちいいセックス、上手なセックスと思わせる第一歩!!

世間一般的には、男性が思っているよりか女性が「この人上手」と思わせるようなひとは、前戯、いわゆる愛撫がうまい人だそうです。
多くの女性たちは挿入というセックスよりか、愛撫で男性に愛情を感じる生き物なのです。
愛撫でセックスの頂点つまりイっちゃうところ(オーガズム)までは至りませんが、心でのオーガズムに至ることは女性にとって、
至福のときと感じることができる行為なのです。
「自分を大切にしてくれいている」と思う女性がその愛撫によってさらにお互いの愛情を深めるきっかけにも!
こう思わせることが大事なことなのです。
そう思うことによって女性の体は男性を受け入れる準備が整い、感じてる証拠の愛液が分泌されるのです。
そこでここでは、そんなどんな感じに愛撫したらいいいのかを徹底研究したものを披露しちゃいます。

いろいろなところで愛撫はできる!

一口に愛撫といっても、体のいろいろな所、もしくは人それぞれにも愛撫の場所で感じる、感じない場所というものもあるでしょう。
今回は一般的に知られている、愛撫の場所の攻め方、ポイントをまとめてみました。
まずは今回耳への愛撫の仕方とおっぱいの愛撫の仕方を簡単にご紹介しちゃいます!!!

  • 耳への愛撫
    耳は第2のクリトリスなどとよばれているのをご存知でしょうか?
    耳への愛撫は女性が嫌がることが多く、怖気づき、それを素通りしてしまう男性も多いはずです。
    しかし、素通りしてしまってる男性たちに教えたい!!
    それはとてももったいないことをしていることに、、、。
    実は耳への愛撫は女性にとったら効果絶大なんです!!
    でも、嫌がる女性が多いのかというと、以前の愛撫経験の中で、唾液の量が多かったことが嫌がられる理由の一つとしてあげれられます。
    自分がされる側になったら、当然として、いい気はしないでしょ?
    なので、自分は違うところをみせる(誠意)を魅せつけてあげましょう!
    ポイントは耳の耳殻を狙え!!
    耳を全体を指でなでたりすることや、
    女性は甘噛みすればピクピクと感じてくれるはず!
    しかし、耳殻をピンポイントで攻めるのではなく、いろいろな方向から耳を愛撫させて、 焦らしつつも耳殻を唾液、舌を使ってせて行きましょう!!それでも嫌がる女性はいると思いますので、そこは無理をせず、 違う場所の愛撫へ切り替えましょう。
  • おっぱいへの愛撫
    おっぱいも乳首と同様に敏感な部分。
    AVのように激しく揉んではだめですよ!!あれは演出なので、
    実際やられると女の子から「痛い!!」と悲痛な声があがっちゃいます!! それをやる女の子を怒らすことも…。楽しいエッチとは程とうくなってしまうので、 やめましょう。それぐらい敏感なところなので、優しくおっぱいは愛撫してあげましょう。
    ポイントはやさしく!!
    前からする場合、お椀を持つような感じで
    中指と薬指と小指ですくう様に手をつくりおっぱいの外側から
    手を当てていきます。親指も、おっぱいの下から当ててやれば、
    おっぱいをすくい上げるような形になってると思いますね。
    この姿勢を保ったまま、
    中指、薬指、小指、指3本を駆使して交互に優しく動かします。
    おっぱいの付け根は乳腺(性感帯)が集中してるので、
    かなり効果的な反応を返してくれるでしょう。ここで焦って、力を入れすぎない事が重要です!

他にもいろいろ愛撫の仕方がありますが、皆共通しているところは、女性の体を思いやることですね!!
好きな人ととのエッチはやっぱりお互いを思いやるところから始まるんですね!

女性はキスで最初とろけさせろ!!

神聖な儀式のように!

あなたが思っているよりか女性にとってキスは重要!!

男性にとってキスは、前戯とお思いの方は多くいると思いますが、女性にとったら、
キスは二人の愛の儀式のようなものと考えているため、
最初っからがっつくようなキスや、強引で舌を挿入するやり方は、女性にセックスを強くイメージするため、
自分があたかも犯されているように感じてしまい、
感じたその瞬間にも女性は男性が恐怖の対象となり、強い拒絶感を覚えてしますことに。
セックスはおろか、相手を嫌いになる可能性もいなめません。ソレぐらい女性にとってキスは重要といえるでしょう。

その気にさせるキスは順序と舌の使い方できまる!!

まずはキスをする前の準備として、唇を濡らしておきましょう。
唇がカサカサだと女性はとても不快感をえて、そこでヤル気をなくしてしまします。
やっぱりカサカサだけど、しっとりしてるほうが誰だっていいに決まっています。なので、
ちょっとした瞬間でも簡単にできるので、やっていて損はありません。
はじめはとてもやさしくキスをしてあげましょう。ここでも焦りは禁物です。焦らずじっくりとソフトに、
優しくキスをしていきましょう。徐々に深いキスへと移行するように自然にしましょう。さて次はいよいよ舌を使ってのきすです。
キスが上手か下手かは、舌が一番のポイントになります。

軽いキスから徐々に女性はすでにトロトロとなっていることと思います。これだけでも、女性の脳は感じてると認識しているため、
頭の芯がボッーとなってるはずです。しかしもっと感じてもらうためにあなたの舌で女性を喜ばしてあげる事ができますよ。
ここでもやさしくは基本的なことで、いきなり舌を入れるのではなく、ウェットな感じで
舌を唇などを触れる感じでして行きましょう。最初にキスですでに女性はとろっとした目をしてるはずですので、
大抵はすでに口を半開きにしているので、ゆっくりとそして優しく 舌の先端で口に挿入しましょう。順序的には下に書いた通りだと思います。 ・そっとやさしくチロチロと舌にタッチし、徐々に舌と舌を絡めるます。次は舌をやさしく吸ったり・ちょっと噛んでみるなど、
舌で楽しんでみましょう。舌の裏などは性感帯があるところなので
なぞってあげると気持ちいいかもしれません。今度は舌の裏側から付け根あたりを舐めるてあげれば、
あなたとのキスを堪能する女性が出てくるはず!
舌と舌が絡まる時とそのときに生じる音がより一層興奮は高まるはずです。
これであなたも女性の基本的なことがわかってきているのではないでしょうか。

無料レンタル