エロ動画か! アブノーマルな体験談

シークレットズリ専 | SECRET

Bookmark and Share

 

アブノーマルなもの!取り揃えております!!

ここではアブノーマルなもの、レイプな体験談、近親相姦などを取り扱うところです。普通じゃつまらない…、、そんな方におすすめです!!!

私の初体験は…。

私の初体験したのが、高校1年のとき。その相手はなんと実の兄でした。
私は小さい頃から、兄にとてもなついていて、兄もそんな私をよくかまってくれました。


身内贔屓になるかもしれませんが、世間から見ても兄はイケメンな分類に入るんじゃないかぐらい かっこいい兄で、小さいながらも私は兄に女友だちを連れてくるたびに、
嫉妬していました。外見は一見優等生なかんじで、銀フレームのメガネがとてもよく似合う姿に、
わたしはいつもどきどきしながら兄とは遊んでもらいましたが、いつも私だけがこんな気持を持っているのを

恋だと気がついたのは、中学3年生になった時でした。3つ離れている兄が彼女を連れて、帰ってきたときは

不躾な態度をとってしまい、兄とちょっと喧嘩してしまいました。

しかし、その後1年後、その付き合っていた彼女と別れたらしく、大学へイクため、遠恋が無理だったみたいで、

それでこじれてしまったそうです。わたしはチャンスだとばかり、兄が家を出る前日に私は行動に移しました。

コンコンっと兄の扉を軽く叩くといつもの兄の声が中から聞こえてきました。

「○○、、どうした?」

「あのね、、ちょっと話がしたいんだど、今いいかな?」

「いいよ、、」

兄は別れが惜しく、寂しがり屋な妹みたいに写っていたいかもしれませんが、
わたしがなにか決めてきた顔をしていたのか、すんなりいれてくれました。
わたしがベッドの上に座ると兄もその隣に座りしばらく、二人見つめ合っていました。
わたしは覚悟を決めて話し始めました。 「あのね、、お兄ちゃんにお願いがってきたの。ちょっとびっくりすることだけど、どうしても聞いてほしいの…」
兄は真剣に私の顔を見ていて、わたしは緊張でどうにかなっちゃいそうでした。


「あのね、、わたしお兄ちゃんが好きなの!!男性として好きなの!!無理だってわかってても私お兄ちゃんが好きすぎて他の人見ても
なにも感じないの!!私のことそういう対象として見てないかもしれないけど、最後のお願いでお兄ちゃんに抱いてもらいたい!!!」


堰を切ったように怒涛のごとく話して待った私は、力が抜けそうでした。

「そうだったんだ、、、やっぱりそうだったんだ。」

兄は私の気持ちにはとっくにわかっていた見たく、そのあと私と兄で秘密の夜が始まったのです。

チュパチュパと兄が私の乳首を執拗に舐めまくり私は、それだけでも感じてしまい
パンツにシミを作ってしまい、アソコはヌレヌレになっていました。
そこに、兄の手がズボンの中、下着の中に入れてそこをかき回しました。

「いやらしい音…。可愛いね○○は、、ぬちゃぬちゃだよここ、、、、」
「あん!もうがまんできないよお兄ちゃんっっ!!入れてここに!!!」

兄の手はいやらしく私のアソコの愛液を舐めてくれてしあわせでした。

無料レンタル